本文へスキップ

高野山に古来から伝わる胃腸薬『だらにすけ』のホームページ

電話でのご注文・お問い合わせはTEL.0736-56-2244

〒648-0211 和歌山県伊都郡高野町高野山258

世界遺産高野山に今も伝わる胃腸薬『だらにすけ』S


高野山の胃腸薬『だらにすけ』のホームページです。


informationお知らせ

  • 更新情報

    2015年3月25日ホームページを更新しました。

新着お客様の声

 お問合せフォームに記入していただいたお声をご紹介させていただきます
  • 40代 女性

    息子がこの春、一人暮らしを始めました。
    それで、自分もこのお薬を持っておきたい、安心するからと言います。
    うちでも冷蔵庫には、常に常備しています。とても、頼りになるお薬です。
  • 50代 女性

    お腹の痛い時は、いつも大師陀羅尼錠を服用しています。
    我が家では、この薬だけ冷蔵庫にいつもいれてあります。この薬がないとスッキリ治らないのです。
  • 60代 女性

    食あたりをして、大師陀羅尼錠を1回飲んだだけで、吐き気が収まりびっくりしました。
    それからは、我が家の常備薬になりました。
  • 60代 男性

    四国巡礼を3度ほど経験し機会あるごとに高野山へもお参りをしております。
    人の身体は敏感ですので巡礼の旅で最も気を配りたいのは「水が変わると何とやら」のたとえもあるようにお腹の調子だと考えています。私はいつも大師陀羅尼錠を背中のリュックに入れて一緒に旅をしています。
    今では私の心強い旅の友になりました。
  • 40代 女性

    小さい頃から祖母に貰い家族で服用していました。
    祖母が亡くなってからしばらく入手できてませんですが、伊勢参りに行った時に薬局で見つけてまた利用を再開でき大変嬉しかったです。お腹が調子が悪いときはこれが一番落ち着きます。今では甥も一緒に飲んでいて手放せないお薬です。長く販売してもらいたいと思っています。
  • 20代 女性

    胃腸が大変に弱く、ストレス性の下痢や胃痛に悩み、病院の薬を毎日数種類飲んでいました。
    それを知った職場の先輩のご家族の方に、試してみてと分けていただいたのが始まりでした。
    それ以来、おかしいな…と思ったときにすぐに飲むとひどくならず、大抵の場合、見事におさめてくれて、何度も助けられ、御守りになってます。病院の下痢止めは、止まりもしなければ、副作用で苦しんだりしておりましたが、こちらは、そんなことは一切なく、本当に感謝しております。
  • はてなブックマークに追加

有限会社大師陀羅尼製薬有限会社大師陀羅尼製薬

〒648-0211
和歌山県伊都郡高野町高野山258
TEL 0736-56-2244
FAX 0736-56-4641